自然の偶然と昔ながらの製法によって生まれたお茶

高知県を流れる仁淀川上流域の山々の中で、昔ながらの在来の手法で作られた、普段飲まれている日本茶とは一線を画すお茶です。在来ならではの土地の味わいを楽しめます。フルーツのような香りとすっきりした後口、それでいて舌の上でお茶を転がすとお茶に含まれるミネラル分によって刺激を感じるほどのしっかりとした味をしています。日本茶でありながら、緑茶のような渋みや香りはあまりしません。そのかわり中国の岩茶に例えられる味わいや香りがあります。